Sample Image

生体内での情報伝達に関与するカリウム

カリウムはミネラルの中のひとつの成分で、酵素を活性化させる働きがあるので、
神経伝達や筋肉のエネルギー代謝・補助などに作用しています。
これらは体内での情報伝達に関与しているとされ、
具体的には「活動電位の働き」と「細胞膜内外の電位差の維持」の
2つの働きに関与しているとされています。
その効果としてカリウムには腸の筋肉を促進させることができるのです。
簡単にいってしまえば、老廃物の排除、便秘の解消効果があるのです。

また腎臓における老廃物の排除をしたり、むくみをとる働きもあると言われています。
そういった意味でも、ダイエット効果があるといわれています。

もう一つにはカリウムという成分は自然食品に含まれるミネラルのために、
加工食品やインスタントなどばかりに頼った食生活をしていますと、
ストレスなども加算されてカリウムが不足することになりかねないのです。
きちんとした食生活を摂ることがダイエット効果にも繋がり、カリウムも不足しないですむのです。

カリウムの不足は無気力や高血圧、不整脈や心不全を起こしやすくなりますので、
きちんとした食生活を心がけましょう。
カリウムはナトリウムとはきってもきれない関係にあり、体内のナトリウムを排出したり、
ナトリウムの摂りすぎによる血圧の上昇を抑える役割もあります。
これらは水=ミネラルウォーターに含まれておりますうえに、
カリウムは水溶性のために水に溶けだしやすくなっています。

毎日摂取して当然と言ってもいい成分が、忙しい生活や調理の仕方によってはなかなか摂れないのは
体にもよくはありません。
それならばカリウムもナトリウムも入っているミネラルウォーターを毎日飲むのはいかがでしょう。
目安としては1日2Lですが、分けて飲めばそれほど大変な量ではありませんし、簡単に摂取できます。
ただし成分はそれぞれのミネラルウォーターによって異なりますので、
ラベルの表記をきちんと把握して選びましょう。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 minearukura All Rights Reserved.