Sample Image

pHの味と感触

pHという値はよく目にしますが、何を指しているのかといえば水素指数の略号のことです。
pHというのはラテン語でpounds Hydrogeniiといい、
poundsは重量を意味し、Hydrogeniiは水素を意味します。

pHの値は0から14まであって、7が中性といい、7以下になるほど酸性が強くなり、
7以上になるとアルカリ性が強くなっています。
水はその性質により酸性〜中性〜アルカリ性の3種類あります。
酸性は、そのままの通り酸味があり、アルカリ性は灰汁の様な味を感じ、石鹸のようなぬめりがあります。
これらの性質は、酸性であればpHが0、アルカリ性であればpHが14に近づくほど顕著になります。
水に溶けている物質によってもpHが変わってきます。

ちなみに水道水は水質基準の5.8〜8.6の間に調整されており、
中性点である7前後と言ってもいいでしょう。
おおまかな例を挙げますと、レモンが2.0〜3.0の酸性で、
人間の唾液が7.2〜7.4の中性もしくは化学的中性点であり、
石鹸水が9.0〜10.0のアルカリ性の代表的な例えの数値となっています。

人間は水は勿論ですが、食べ物にも酸性〜アルカリ性がありますが、
不思議なことに食べたもの=同じ属性になるとは限りません。
食べ物そのものが酸性〜アルカリ性ということではなく、体内に入る事によって、
体内で酸性〜アルカリ性を示すのかという事です。
例に挙げられるのは梅干や柑橘類も食べた時には酸っぱく感じますし、
それ自体は確かに酸性なのですが、これらは典型的なアルカリ性食品と呼ばれているものなのです。

人間の体は、pH値が7.35〜7.45を保つようになっており、
食べ物によって体が、酸性やアルカリ性に傾くことはありません。
しかしよく聞く「肉などを食べると酸性に傾くので、アルカリ性を摂りましょう」というのは
どういうことなのかといえば、はっきりいってありえません。
一時的には傾いてしまうこともありますが、人間の体は最適なpHによって調整されるそうです。



サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 minearukura All Rights Reserved.