Sample Image

水と人の快適ミネラル生活

水がなければ人間は生きていけません。
そもそも体の60%〜70%は水分でできているといっていいほどに、
人間にとって水はとても重要です。
そして日本は水の豊富な国です。

全国にはあますことなく水道管が巡っており、蛇口をひねればいつでも水が出せます。
そのせいかミネラルウォーターの普及は年々増えているとはいえ、
世界的に見たら少ないとされています。
確かに数十年前までは水を買うという意識があまりにも低いものが日本人にはありました。

もっとも今では「軟水」「硬水」、またはミネラルなどの配合や天然水の美味しさや成分などに
注目が集まるようになり、用途によって使い分けるのさえも当たり前になっています。
最近では飲む水がミネラルウォーターになっただけではなく、食事にも使われるようになりました。
日本人の主食たるご飯を炊くのは軟水が適しており、米の細胞が綺麗な網目構造になり、
ふっくらと粘りのあるご飯に炊きあがります。
そして和食の基本の出汁も軟水での方がよいでしょう。
日本は軟水の国といってもいいので、そういう意味で食文化も発展していったといえるのではないでしょうか。
一方、硬水に合うのはパスタや肉の煮込み料理などの西洋料理が多いのです。

また睡眠の1時間前に常温の水をコップ一杯飲みましょう。
何故ならば寝ている間も体は活動を続けています。
寝汗などでコップ1杯と少々の水が排出されるからです。
勿論、目覚めましたら再び水分を補給しましょう。
寝ている間に使われた水分を補って、体を活性化させましょう。
その時に飲む水もただの水ではなくミネラルが配合されたミネラルウォーターか、
もしくは豊富なミネラルが含まれた天然水だともっと良いでしょう。
最近注目を浴びているNASAで採用されている技術によって出来上がったミネラルウォーター
というものもあるそうです。

また水分は1日に2Lを目標として、細目に摂るようにしましょう。
成人男性は約1日に2.6Lの水を必要としているといわれており、
残りの0.6Lは食事などで摂ることができると言われています。
飲むのならばミネラルの豊富な水がお勧めです。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 minearukura All Rights Reserved.