Sample Image

硬度による水の分類

水には硬度があり、これによって「軟水」「硬水」などのことが決められますが
そもそも水の硬度というものは何を表しているのでしょう。
硬度とは、水の中に含まれるミネラル類のなかでもマグネシウムとカルシウムの含有量のことです。
おいしい水についてはこちらをご覧ください。

水によって硬度差があるのは、その水が流れている地殻物質が異なるからであり、
土壌を通り地層へ浸透し、移動していく過程で、
接触した岩石に水を媒介として岩などに含まれているミネラルが入ります。
日本の水は軟水、欧米の水は硬水が多いといわれており、
理由としては日本は水の地中滞留時間や河川の距離が短いからであり、
欧米は石灰質の地域を長い時間かけて通ってくるためと考えられています。

世界の国々によって軟水と硬水にたいする数値の違いはありますが、
WHO世界保健機構の水質ガイドラインにおける硬水、軟水の分類を参考にしましょう。
0〜60mg/L未満が「軟水」、60以上〜120mg/L未満が「中程度の硬水」、
120以上〜180mg/L未満が「硬水」、180mg/L以上が「超硬水」と定められています。

軟水は日本人が飲みなれていると言ってもいい無味無臭の飲みやすい水ですが、ミネラルなどの量は低いです。
ですがまったくないわけでもありませんので、細目に水分摂取がしやすいです。
また赤ちゃんのミルク作りなどに大いに向いています。

硬水はミネラルがかなり多く入っているためか、体にはいいのですが、
慣れないと味にえぐみを感じたり、お腹を壊してしまいます。
それは硬水に含まれる豊富なミネラル成分は腸を刺激する作用があるからであり、
成人でひどい便秘に悩む人にはとても効果的ともいわれます。
水が食文化を表すように、軟水は日本料理の出汁や日本茶などに向いており、
硬水は西洋料理や肉の煮込みにパスタなどを美味しくすると言われています。
料理の発祥にもその地に流れる水が大きく関係しているのが伺えます。
一般的なウォーターサーバーがあると出てくるメリットについても興味深いです。


サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 minearukura All Rights Reserved.