Sample Image

血中カルシウム濃度の調節

カルシウムは人体内に含まれるミネラルであり、とても必要な成分でもあります。
骨や歯の形成は勿論ですが、血液中のカルシウムは心臓や脳を動かすという役割を担っているからです。

人間の体を構成する60兆個の細胞はカルシウムの出す情報によって各々の役割を果たしており、
カルシウムが無いと生命を維持することができないのです。
ですから体は心臓の動きを止めないためにも、
骨からカルシウムを血中に流してでもそちらを優先させるのです。
これは骨粗鬆症の原因となるばかりでなく、細胞内へ余分なカルシウムを侵入させることになってしまい、
細胞の正常な機能が損なわれ、病気や老化を進行させてしまいます。

体は心臓の動きを守ることを第一に血中に骨からのカルシウムを流しこむのですが、
骨から溶けて広がるカルシウムは他の臓器の細胞に対して有害になることが多いのです。
例えば、すい臓の細胞に入るとインスリンの分泌が低下して糖尿病になりますし、
血管壁に入ると動脈硬化や高血圧を引き起こし、脳に入ると認知症になるなどという風に、
多くの生活習慣病の原因になりかねないとされています。
それでも心臓を守るために体は血中にカルシウムを流すのは当然のことです。
ですがそもそもそういったことが起こるのは、
血中カルシウムが外から摂取するカルシウムが不足するために起こります。

血液中のカルシウム濃度が一定でなければならずに、濃度が下がると副甲状腺ホルモンが分泌されて、
骨が溶かされて血中に送られます。
カルシウムを摂るのは骨のためだけではないのです。
またカルシウムと一口に言いましてもいろいろありますが、
ミネラルウォーターなどに含まれているミネラルはどうでしょう。
腸から吸収されて体内を巡るのに、血液の中を通りますので、
ドロドロ血や他の生活習慣病の予防にもなります。
また硬度の高い水ほどミネラルが多く含まれていますが、
ほどほどのミネラルを含んだミネラルウォーターを、何度も飲むのもよいでしょう。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 minearukura All Rights Reserved.