Sample Image

エネルギー代謝を助けるマグネシウム

マグネシウムはエネルギー代謝を助ける体内酵素の生成に関わる必要なミネラルであり、
体中では骨の構成成分となりマグネシウムの約60%が歯や骨に含まれています。
それはカルシウムの役目なのではと考えてしまいますが、マグネシウムも兼ねているだけでなく、
カルシウムとマグネシウムなどは互いにその性質がよく似ていているのです。
その成分は、お互いに代替して作用しあうことが出来るようにもなっています。

ビタミンB郡のエネルギー代謝を助け、
筋肉の収縮や神経の興奮や緊張を緩和する働きのあるマグネシウムは、
不足してしまうと情緒不安定になったり、筋肉の痙攣、震えなどが起こります。
肉類、魚介類、海藻類と万便なく入っているマグネシウムですが、
加工食品や清涼飲料水に含まれるリンの多量摂取はマグネシウムの吸収を妨げるといわれています。

水にもリンが含まれているものもありますので、ラベルなどをよく見てみましょう。
勿論人口の手が入った「ミネラルウォーター」などには少ないはずですが、
天然水は加工されていない分、自然のままです。
もっともミネラルが豊富な水はリンもマグネシウムほどにあるとは考えにくいですし、
リンにもマグネシウムに似た働きがありますので、
そこまで深刻な問題に考えずに逆にリンを避けるようなことはやめましょう。

リンが不足しますと、今度はリン不足の発達障害などを招きかねません。
マグネシウムは不足を起こすと、
カルシウムを助けるように働いていた様々な体の機能に影響を与えかねません。
体の中のカルシウムとマグネシウムの割合は2:1が理想的です。
しかしそのような体に比率などは分からないものです。
そこで両方の成分を含んだ水=ミネラルウォーターがお勧めなのです。
食事の時だけでは補充しきれない成分も、1日に2Lを目安に飲めば体の他の健康を保つこともできます。
一度には飲まずに、1回に200mlを目安としまして細目に飲めばよいでしょう。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 minearukura All Rights Reserved.